豆知識

豆知識2010 豆知識2009 豆知識

土鍋について(四日市萬古焼)

三重県四日市市を中心に生産されている陶磁器「四日市萬古焼(ばんこやき)」の土鍋は、国産品の約8割を占めています。
同市や隣接する菰野町などのメーカーで組織されている萬古陶磁器工業協同組合には約100社にのぼり、日本一の土鍋の産地を支えています。
三島 各種 鍋物


春秋 金彩紅葉 玉花




刷毛目 萬古焼土鍋の大きな特徴はその陶土にあります。耐熱性に特にすぐれ、
ガスレンジや炭火等の空焚きや直火に対しても、高度の耐久性を発揮します。
それは陶土原料に含まれる、ペタライトといわれる鉱石の働きによるもので、
この鉱石が陶土中に約40%前後の含有が有るために直火にかけたり、
空焚きに対しても十二分に耐える商品が開発できるのです。


近年は、大きさや形状も様々に増え、商品目をあげれば、陶板・タジン鍋・ごはん釜・炭コンロ等、多彩な商品が
開発されています。特に高度な技術を使った電磁調理器具用のIH土鍋の開発も盛んです。
左)耳付陶板(中)、 中央)耳付陶板(小)、 右)耳付陶板(大) 
遠赤外線陶板
タジン鍋
タジン鍋
大黒黒釉 ご飯鍋(4合)
大黒黒釉 ご飯鍋
黒吹 伊勢コンロ(小)
黒吹 伊勢コンロ


「吸水性によるトラブルの予防」
土鍋は、特性として吸水性があります。吸水性は汚れ、ニオイ、カビの原因になります。
最初に下記の処理を必ず行ってください。

1.鍋に八分目ぐらいの水を入れて沸騰させます。
2.沸騰したら、弱火にし、小麦粉を水で溶いて入れ、よくかき混ぜてください。
3.弱火で5分程度煮て、火を止めてそのまま冷めるまで置いておきます。
4.きれいに洗い流し、一度乾燥させてからご使用ください。

※この処理だけで土鍋のトラブルを完全に防ぐことはできません。




ノリタケの歴史を知ろう。

1876年(明治9年)。日本が開国して、間もないこの年。ノリタケ の歴史が幕を明けました。創設者、森村市左衛門は福沢諭吉の 影響を受け貿易会社「森村組」を設立。そしてニューヨークに輸 入雑貨店「森村ブラザーズ」を設立し直輸出貿易を開始。渡米に 1ケ月の時間を有する当時、森村市左衛門は、日本ではなく確 実に世界を見ていたのです。  そして、数年後のパリ万博博覧会。ここで、白い生地に巧みに 絵付けが施されたヨーロッパの精緻な陶磁器と運命的な出会い をした市左衛門は、みずからこの白い磁器を製造するという夢を 追い続けることになるのです。




There is a dream.





最新の技術を学ばせる為、技術者をヨーロッパに派遣。 1904年(明治37年)には、 名古屋の則武の地に日本陶器合名 会社(現ノリタケカンパニーリミテド)を設立。夢の現実に向けて 本格的なスタートをきった 市左衛門でしたが、当初の製品は生地の色が灰色で、形が不揃いのものばかり。その道は決して平坦ではありませんでした。   ついに夢にまで描いた純白で形の均一なディナー皿が完成したのは、1914年(大正3年)。ここに、日本で初めてのディナーセッ トが誕生したのでした。  以後、ディナーセットを主力商品としてノリタケの名前は世界に 広がっていきます。  1981年(昭和56年)には事業の拡大にともない社名を現在の 「ノリタケカンパニーリミテド」に変更。 森村市左衛門の挑戦がはじまってから約1世紀が経過した今、ノ リタケの食器は世界中のご家庭、ホテル、レストランで愛用されて います。
コーヒーセット

明治時代のコーヒーセット

(Morimura Bros. & Company)

森村ブラザーズ

日本陶器合名

明治37年工場建設風景

窯

明治37年に火入れした第1号窯

dinner set

我が国最初のディナーセット
ページのトップへ
マツウラ オンラインショップ
Copyright(C) 2000 MATSUURA All rights reserved